平城宮跡で太政官の施設とみられる建物遺構発掘

人気商品

奈良市の平城宮跡で奈良時代の大型建物遺構が出土、規模から省の中心的なものと見られ、太政官の建物ではないかとみられる。
階段の基壇も出土し、石を建てるため基壇に溝があるなど当時の建築様式もよくわかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA