松田瑞生がV、大阪国際女子マラソン 東京五輪代表に前進

人気商品

東京五輪女子代表の残り1枠を争う「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の2戦目、「第39回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)は26日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)を発着点とする42・195キロのコースで行われ、2年前の大阪国際で優勝した松田瑞生(24)=ダイハツ=が2時間21分47秒で優勝した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA