新型ロケットH3を三菱重工が公開

人気商品

0

新型のH3ロケット初号機の機体が23日、三菱重工業の飛島工場(愛知県)で公開された。H2Aよりもひとまわり大きく、より重い衛星を打ち上げられるようになる。ほとんどの電子部品を汎用品にするなどして打ち上げコストはH2Aの半分の約50億円に抑える。来年度の打ち上げ予定で、1月末にも発射場のある鹿児島県の種子島に運ばれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA